帰省の戦利品 マイクロエースの711系100番台

帰省の戦利品からその2です。
P8241440.jpg
マイクロの「711系100、200番台新塗装・3扉改造車・シングルアームパンタ3両セット」という見るからに長いネーミングの3連。
国鉄時代の2扉デッキ付きからJR化後は3扉化、平成以降はシングルアームパンタに改装されたという、カラーリングも「真っ赤な車体にクリーム色の帯がつく」と経歴も外観も実に個性的な北海道の近郊電車だそうです。
P8281545.jpg
見るからにマイクロがやりそうな題材のモデルですが、おそらく外箱の破損か何かで「袋詰のジャンク状態」となって故郷の中古ショップに並んでいました。時たまこういう予想の斜め上を行くモデルが並ぶから故郷のショップは油断できません。

見たところ車体に瑕疵はなし、走行性もマイクロらしい安定感のある走りだったのでわたし的には掘り出し物と言えます。

前面のアクセントは「行き先幕の真上に鎮座する2連のヘッドライト」これが吹雪の多い北海道を走っている列車であることを主張するかの様です。当然前面のヘッドライトと併せて煌々と点灯するので、先頭車をただ通電させるだけでも結構な迫力となります。
P8241449.jpg
購入後はもちろん実家の帰省記念運転会(爆笑)でデビュー走行。
現住地からの持ち込み車両に混じって個性を主張しました。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



"帰省の戦利品 マイクロエースの711系100番台" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント