メルクリンHO、それから・・・タンク機増備のはなし

P9121625.jpg
 先日入線のメルクリン基本セットの話の続きです。
 すでに基本セットにはCタンクと客車2両があるわけですが、走りを楽しむなら動力車がもう1両くらいは欲しくなります。


 とはいえ、メルクリンの機関車で安価な奴など、田舎ではそうそう見つかるはずがない。というわけで先々月のアキバ行きの折、中古ショップを回ってみました。

 結果発掘したのが別なタイプのCタンクと貨車3両がまとめ売りしている出物でした。
 基本セットのCタンクは客車用ですが、今回のロコは貨物用を想定している様です。
P8171352.jpg

DSCN6645b.jpg
(上・下とも科学教材社 77年版工作ガイドブック 408Pより画像引用)

 ところが帰宅後、資料を調べてみて驚きました。
 こちらのCタンクは同じメルクリン基本セットの貨物列車仕様のバラシだった様なのです。
 この基本セットは旅客列車と貨物列車のふたつの仕様からなり車両以外は共通の様です。
P9121621.jpg
 まあ、それだけなら驚かないのですが、2両の機関車を並べてみるとスタイルが違うのは勿論なのですが旅客用が3軸の動輪の1軸だけを駆動しているのに対して、貨物用のは3軸全軸を駆動する構造だったのです。
 この貨物機、見た所ではZゲージでも先日入線しているBRの89形タンク機関車の様です。
PC231123.jpg
 (こちらはZゲージ仕様)
 つまり同じ時期に出ている似た様な基本セットの似たようなロコなのに格好だけでなく中身まで全く違う仕様だったのです。

 普通、他のメーカーなら貨物と旅客という別仕様であってもカッコが違うだけの中身が同じモデルでお茶を濁しそうなものですがメルクリンはそれぞれに専用の中身の機関車をあてがっているというのは結構新鮮な驚きでした。
P9121623.jpg
 おそらく貨物仕様の方は後から貨車を追加して長編成化するであろうことを想定して動力に余裕のある3軸駆動を採用していたのかもしれません。古典仕様の2軸客車の長編成は想定しずらいですし。

 そのせいもあるのか同じセットでも貨物列車セットの方が2千円以上高価になっています。
 
 走りっぷりは前のCタンクに比べると重量感のある走りでスローも幾分効いている反面スピードはあまり出ない様です。

 さて、2両の機関車が入手できたならそれを同じ線路の上で走らせたらどうなるかを確かめたいですがそれについては次の機会に。

 最後に
 これまで当ブログのカテゴリは16・5ミリゲージを一纏めに「16番」と括っていましたが、手持ちの外国型の比率が高い事と16番と同スケールのナローモデルが入ってきた事もあり「16番/HO/9mmナローゲージ」と呼称を変更する事にしました。
 何れ記事数が増えてきたら、これもまた分離させる事になると思います。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"メルクリンHO、それから・・・タンク機増備のはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント