趣味の原点を振り返る 宮沢のBタンクとリファレンスのはなし

 久しぶりの趣味の原点のはなしから
DSCN2979.jpg
 テツドウモケイに限った話ではないのですが、物が介在する趣味の場合「最初に触れたアイテムがその趣味の原点になる」と言うのはよくある話です。
 趣味を始めたタイミングで良いものに出会えればそれが後の趣味の展開を図る基準点として作用するでしょうし、逆に碌でもない物に当たってしまうと早々と嫌気がさしてその趣味をやめてしまうというのもよくある話です(もちろん例外もありますが)

 私がこの趣味を始めたのは1975年の事で最初からNゲージを選択していたのですが、鉄道模型そのものに興味を抱いたのはそれより数年前、当時機関士をしていた親類が16番をやっていた影響を無視することはできません。

 とはいえ、それらの模型はあくまでその小父さんのものであって私個人のものではなかったのですがそれでも家にお邪魔した折に小父さんの制作した模型を運転させてもらいながら「いつかはこんなのを」と夢見たのも確かです。
DSCN4901.jpg
 それらの模型の中でも宮沢模型のBタンクの印象は格別でした。
 他のスケールモデル(自作車両を含む)に比べて非常に可愛らしいデザインでありながら、明らかに玩具とは異なる存在感がありましたし、金属製ゆえの質感はヘタな細密感よりも蒸気機関車である事を強く主張するものだったのです。
DSCN4902.jpg
 それだけでも凄いのに線路に通電させ、パワーパックを操作すると前進も後退も自由自在。それどころかつまみをひねれば思う様にスピードの調整までできるというのは当時のガキだった私には大変なアドバンテージだったのです。
 今ではその小父さんも鬼籍に入り、何年か後にそのモデルをご遺族から譲り受けた時の感慨は忘れられません。
P9291705.jpg
 これがきっかけの一つとなり16番やHOのモデルにまで手を出し始めて大分経ちます。
 ですがここ数年は大型のスケール機のロコよりも自由形などの小型機関車に手を出す事が多くなりました。
 三つ子の魂百までと言いますか、店頭でこれらのロコを見ると反射的に宮沢Bタンクを思い出してしまうからかもしれません。

 実際、小型の自由形機と言うのは細密感とか実車の再現性とか言うところよりもデザインセンスと印象把握で機関車らしさを感じさせるところにメーカーの腕の見せ所があると思いますが、後に入線させた16番小型機を見ると無意識的に「ああ、このロコはここが宮沢のあれと違うな」とか「宮沢のあれよりも走りっぷりがいいな」とか感じてしまう。
 そういう意味で宮沢のBタンクは私の中で模型機関車の評価の基準点として作用している気がします。
SNShouo71IMG_5858.jpgSNShouo71IMG_3649.jpg1328856908.jpg
 今ではNスケールでもこれに負けないくらいのミニ機関車がスケール機、自由形を問わず次々と製品化されるようになりましたが、それらを眺める時でさえ同じ様に宮沢のBタンクと比べてしまうのですから大したものです。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"趣味の原点を振り返る 宮沢のBタンクとリファレンスのはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント