イブの就寝前のひと時に猫屋線を楽しむ(笑)

IMG_5820~photo.jpg
 昨日の世間はクリスマスイブという事で行きつけのスーパーの前では焼き鳥屋さんの屋台が大活躍し、ケーキ屋さんはデコレーションケーキ受け取りの行列を作る。
 挙句の果てには頭上をナイトクルーズのヘリが飛び回るというお祭り騒ぎです。

 そんなイブの夜、買い込んだパーティ用惣菜で夕食を済ませ、台所やら風呂場やらも静かになった就寝前のひと時ともなると流石に世間も静まり返った静かな夜になります。

 と言う訳で就寝前の炬燵の中で先日動力化させた猫屋線のナローを引っ張り出して即席の運転会です。
IMG_5873~photo.jpg
 最少で103Rのエンドレスが組めて、それなりに可愛らしい車両がコトコトと走る鉄コレのナローゲージモデルは「思い立ったら即炬燵の上で展開できる」手軽さで「走る鉄道模型の魅力を楽しめる」という点でもっと評価されていいと思います。
 
 例えるなら「初めてプラレールのセットをクリスマスの夜に開いてみた時のワクワク感」に近い物があるのではないかと(とはいえ私にはそんな経験ないのですが汗)

IMG_5871~photo.jpg
 昨日のこのブログで「103Rが使えなさそう」とか書いてしまった「チビ凸動力を組み込んだ猫屋線の単端」でしたがやってみたらどうにかこうにか103Rのスーパーミニカーブはクリアできました。
 ですがカーブでの抵抗は強く、足まわりへの負担は大きそうです。やはり140R以上のカーブの方がこの動力らしいスムーズさを楽しめます。
(尤も同じ傾向は鉄コレ純正のTM-TR02でも感じられましたが)

IMG_5875~photo.jpg
 この時の為に取っておいたサバランのラム酒の薫りを楽しみながら、エンドレスくるくる回りの単端を眺めるのはイブの夜に小さなぜいたくを味わっている心持ちになれました。

 余談ですが1950年代のアメリカ辺りの中流以上の家庭では、クリスマスの前後にライオネルやアメリカンフライヤーのOゲージの線路をリビングやガレージ一杯に敷きまわして列車を走らせ回らせるというライフスタイルがあったそうです。もちろん即席ながらシーナリィが付き、建物類の照明は当たり前、列車に連動したギミックも豊富だったので「私設テーマパーク」のノリだった由。
 あちらは何事もスケールが大きいですが「エンターテイメントとしての鉄道模型」の地位が定着している事の表れなのでしょう。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"イブの就寝前のひと時に猫屋線を楽しむ(笑)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント