2019年最後の入線車から・ロコインターナショナルのBR191

先日に帰省の折に今年最初の入線車として鉄コレの201系を取り上げましたが、今回は同じく昨年最後の入線車として中古モデル屋で見つけたモデルを紹介します。

帰省の折に毎度覗いている、行きつけのショップでは昨年来外国形の出物が妙に豊富で、その影響が一昨年の年越し運転や夏の帰省でも色濃く出ています。
今回入手したのもやっぱり外国型ですが、構造のユニークさやクラシカルな外見が琴線を刺激してくれたモデルです。
PC312414.jpg
物はロコインターナショナルのBR191形電気機関車。
これのプロトタイプの情報が知りたくてネットで検索してみたのですが、どれもこれもがオークションの落札情報か通販サイトの宣伝ばかりで要領を得ませんでした。

後に頂いたコメントから実車の情報が得られたのですが、当機は1925年に銚子電鉄のデハ1と同じDRG社で製造された山岳区間用機なのだそうです。実車は1975年に引退後85年にレストアされ走行可能となりアウグスブルグ鉄道博物館へ収蔵されているとの由。
(星川航空整備部さん、情報ありがとうございました)
PC312416.jpg
なので単純に私個人が得た印象から勝手な推察を加えたいと思います。
このロコのユニークなところは動輪がC-C配置のロッド駆動である事と、車体自体が3車体の連接構造になっているところです。


日本型で言えばED42が巨大化した様なイメージですが、この構造から見て急曲線、急勾配が連続する路線である程度以上の牽引力を必要とする用途を想定した機関車ではないかと思われます。
リベットまみれのボディ造形は重厚感がありますし、シャンク軸がちゃんとロッド連動になっている所などはNゲージとしては動的な精密感を感じさせます。
カラーリングも適度に渋いですし、しなの辺りのED42と並べても違和感は少ないデザイン。
なんだかこれを見ているとED42の上位機種として実際にこういうのが碓井峠を走っていた様な気になってきました(笑)
P1112501.jpgP1112503.jpg
ましてや中央部のボディにモータを内蔵させた3車体連接構造はカーブで車体をくねらせて通過する独特な走りっぷり。
単純に側線で停まっていても良い存在感を見せてくれます。
PC312418.jpg
PC312438.jpg
今回の年越し運転では牽引する車両を持ちこまなかったので基本単機回送状態での運転でしたがE353と並んで大いに年越し運転を盛り上げました。

光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

"2019年最後の入線車から・ロコインターナショナルのBR191" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント