猫屋線の路面電車の屋外撮影

P3012771.jpg
  先日入線したナローゲージ80猫屋線の路面電車から
 これに限らないのですがナローゲージ80の車両を入線させるとなぜか屋外で撮影したくなります。

 という訳で今回は屋外や借景で撮影した写真の羅列をば

P3012765.jpg

P3012777.jpg

P3012783.jpg

P3012769.jpg 
 なんといいますか、ナローには屋外撮影がよく似合いますね。

 ですが花巻電鉄の電車に乗ったことのある身からすれば、少し小奇麗すぎる気がします(まあ、あれは砂利道の一般道に並行して走っていましたから埃臭くなるのが当然だったのですが)
 やはりこいつもウェザリングは必須ですね。

 「やあ、なんということだ!マイクロフトがここに来るというよ」「それは構わないだろう?」
 「かまわないだって?彼がここに来るなんて田舎道で路面電車に出会うようなものだ。マイクロフトには決まった縄張りがあってそこから外れたことがない」
 (コナンドイルシャーロックホームズ最後の挨拶所収「ブルースパーティントン設計図」から)

 こんなたとえが通用したくらいに路面電車と言えば都会の象徴のように思うのが普通ですが、花巻電鉄や山梨交通、あるいは名鉄の岐阜市内線のように田舎丸出しの風景の中を路面電車みたいなのが走るというのはなかなか独特の風情はあります。この電車もそうした路線の延長なのでしょう。 
P3012781.jpg
 また、これくらいのサイズの路面電車なら普通にトラムウェイ当たりの動力と組み合わせてナローでない路面電車にするのも悪くない気もします(16番スケール換算だと軌間16,5ミリは1320ミリになり一部路面電車の軌間1372ミリに近接する数字になります)

 

"猫屋線の路面電車の屋外撮影" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント