テツドウモケイと隠語のはなし

今回は60年以上前のTMS特集シリーズを読んでいてふと思った事から。
DSCN6873b.jpg
 物は1960年刊行の「レイアウトガイド」です。
「ロコを作り始めても浮気の虫は収まらず、ユーレイのムキを1台作り、MRやクラフツマンを読んではムラムラしている僕の事だから、安楽マニアがやってきて工作の邪魔をされるのは全く困る。
しかしテンダーがドリルレースの手伝いをしてくれたり、ヤードのヒントに丁度良いのが見付かったりしたのは嬉しかった。
ゲテマニアの友人がくれたダミイのカップラーはそのまま使用、それで完成した。
今度は1200Rのエンドレスに取り掛かるつもりー」

(機芸出版社 レイアウトガイド52P「新読者の為に」から引用)

 今から60年以上前の記事ですから今のファンが読んでも全く持って意味不明な暗号にしか見えない文章です。
 ですが、これがあの時代の「マニア同士しか使わない隠語」あるいは「専門用語」だったようです。
 
 生憎本書の時代から一回り後の世代の私も当時のTMSなんかを読んで半ば腰だめで意味を類推していったものですが、それでも今となっては歯が立たない文章などに当たる事がよくあります。

 同好の士がある程度集まり、更に知識や嗜好が深まるにつれてこの種の「第3者から理解できない内輪の用語」と言うのはどんどん増えるものです。
 それらのあるものはごく短期間で消滅する流行語となりますが、たまにはその中から趣味の一般用語として定着してゆくものもあります(例えば上の文章ではダミーカプラーとかエンドレスが該当)
 やがてそうしたマニア用語の乱用は時代が進むにつれてある程度先鋭化し、同好の士を通り越したマニアの囲い込み的な世界に行きつきやすい気もします。
DSCN6887b.jpg
(筑摩書房刊 とり・みき著「愛のさかあがり(上)58Pより画像引用)
 例えば鉄道模型に関して門外漢と思うマンガ家のとり・みき先生もエッセイ漫画で「マニアが観ると普通の広告だが、そうでない人には何に使うどんな製品だかさっぱりわからない」の例えとして
 「HO,13ミリ、12ミリ、ナロー トミックス カトー グリーンマックス」と言うのを上げた事があるくらいです(因みに「Nゲージマガジン」に掲載の広告だそうです)

 そういえば私も10年位前に家内の知り合いを交えてたまたま買い物の話をしていた時「ポポンデッタ、モデルスイモン、ぽち」とよく行く店名を羅列したら「相手に風俗店と間違われた」事がありました(まあ、鉄道模型のお店には聞こえない字面ではあります)
2011-1208-015B.jpg
 この種の隠語や専門用語を駆使して同好の士の確認を図るというのは鉄道模型に限らず、どの趣味でも言える事なのですが、それがあまり行き過ぎるとおかしなエリート感覚が醸成されたり、閉鎖系の中に閉じこもる傾向に繋がりやすいと思います。
 そういうのが行くところまで行くとまずビギナーが寄り付かない。
 その時はそれでいいかもしれませんが、長い目で見るとビギナーが入り込みにくくなるほど先鋭化した趣味はあるタイミング(それは専らマニアの中心世代が一気に高齢化するタイミングであることが多い)で一気に衰退してしまうケースが多いと思えます。
 そこは気を付けなければならない所でしょう。

 もっとも同じ言語で語り合える仲間がいるという事は私自身を含めた当人にとっては嬉しい事ですし楽しい事でもあります。
 (その意味で近所の鉄道カフェがあるという有難味を最近つとに感じている訳ですが)
DSCN5370-2.jpg
 ですからこの種の隠語を否定したくもないし、完全に消し去るべきでもないと思います。
 ですが、この趣味に関心を持ちつつあるビギナーが居たら、その意味をその場で解説できるくらいの度量は必要なのではないかとも思うのです。
 ビギナーと言うのは(私自身の経験から言って)マニアが考えている以上に臆病なものですから。

 という訳で最後に上の暗号文を私なりに解読した文章を記して締めにいたします。
IMG_5161~photo.jpg
 「(模型)機関車を作り始めても移り気な制作意欲はおさまらず、動力化した貨車(ショーティのボギー車)を1両作ったり、モデルレールローダーやクラフツマンなどの海外専門誌を読んではワクワクが止まらない僕の事だから、工作よりもおしゃべりが好きなマニアがやってきてせっかくの工作時間をつぶされるのには閉口する。
 しかし女房がドリルレース※技法を手伝ってくれたし、名古屋の鉄道模型クラブ会報から工作のヒントを見つけられたのは嬉しかった。
 ゲテモノモデル好きのマニアがくれたダミーカプラーは手を加えずにそのまま使用し(機関車は)完成した。次には半径1200ミリのぐるぐる回り線路の製作に挑戦する積り」

 隠語を使わないとこれはこれで無味乾燥な気はします(笑)

※ドリルレース・・・手動(今なら大概電動)ドリルの先端にドリル刃の代わりに材料を咥えさせて回転し、そこにヤスリ掛けする手法ですが、昔はこれを二人がかりで行うのがポピュラーだったのでしょうか。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"テツドウモケイと隠語のはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント