KATO8620を弄る・まずは微妙に仕様変更(笑)

P8314380.jpg
昨日入線させたばかりというのに、平日休をいい事にさっそく弄り始めるKATOの8620のはなしです。
今回の86、私にとっては花輪線の3重連をやりたかった事もあり3両同時入線という仕儀になりました。
昨年のTOMIXの四季島以来の大散財です(汗)

普通ならば、同型を3両買ったらナンバープレートくらいしか違いを出す術はないのですが、今回の86は東北仕様という事でキャブ後部の防寒カーテンが後付けパーツになっています。またスノープラウや解放梃の一部も用途に応じて交換するのでそれなりに個体差は作れる構成にはなっています。

しかし、今回の86では花輪線の3重連を想定し「別売りの貨車セットに86用の交換パーツが同梱されています」しかもそれらのパーツはASSYなし。つまり万一パーツのどれかが紛失したら「貨車セットごと買わなければならない」という事になりそうで怖いです。
目的が目的だったので今回は貨車のセットも入手。
P8314374.jpg
同梱のパーツは花輪線対応のナンバープレートが2両分(38698、78646)と専用の煙突パーツ2両分、更に38698用に副灯付きの煙室扉パーツという構成。これに通常品の48685を組み合わせればどうにか3重連の再現はできます(但し聞くところでは本来は一部の機関車のデフに点検口が開いた仕様との事で厳密には実車準拠ではないようです。なら点検口付きの交換用デフもつけてくれれば良かったのにとか思いますが)
P8314372.jpg
交換自体はごく簡単。上記のパーツのほか3両分の重連用カプラー、スノープラウの交換を含めても工具があれば1時間もしません。
こうして並べた「微妙に仕様が違う86の集い」は私的にはなかなかの壮観です。
P8314378.jpg
3重連もなかなかのものですが、このままだと不自然にピカピカしているのが逆に却って気になってしまいます。このロコもウェザリングは必須と思います。また、3両も入線しただけに個々で走行させると微妙に走行性のばらつきが感じられるのも重連前提としては気になる所です。

とはいえ、私自身が昨日来の86旋風でまだ舞い上がっているのも確かです(大汗)

光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"KATO8620を弄る・まずは微妙に仕様変更(笑)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント