GMのマルチブルタイタンパー

P8274302.JPG
 先日入線の中古モデルから。
 その素材の渋さからリリース時には大いに驚かされた、GMのマルチプルタイタンパーの出物を見つけました。

 プロトタイプは新潟に本社を持ち、主に東北を縄張りにしている第一建設の仕様です。私の田舎では同じタイタンパーでも仙建工業の仕様の方をよく見かけるので馴染みの点ではそちらの方が欲しかったのですが、形態は同じで単なる色違いですしお値段も折り合ったのでついつい財布に手を。
P8274306.JPGP8274304.JPG
 独特な賑やかさの床下も魅力的ですが、作業中には下される防音シャッターのアクションが鉄道模型としては珍しいと思います。
P8274308.jpg
 また、見た目が風変わりですが、モータが組み込まれ「自走可能」です。
 動力台車は片側2軸のみとかなり思い切った設計。
 事業車だけにスロー走行がメインの車両ですが、専用のギア比の動力装置のおかげでパワーパックのスロットルをかなり開けてものろのろとした走りで好感が持てます。
P9054408.jpgP9054410.jpg
 また、夜間作業がメインの車両だけに室内灯や作業等を標準装備しているのが楽しい。ある意味夜景の最も似合う車両かもしれません
 (但し明かりはかなり強めでまぶしい位なのが難ですが)

 尤も、この車両は夜間の保線作業で活躍することが多い車両なだけに側線の飾物的な無動力モデルがあっても良かったかもしれません。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。




 

"GMのマルチブルタイタンパー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント