モジュール改修のとっかかり、水面のリニューアル

 先日お話しした来年のグランシップ(あるといいな)に向けてのモジュール改修のはなしから。
SNShouo71IMG_4978.jpg
 このモジュールの肝は道路橋、鉄道橋合わせて4つの橋が架かる川の部分でした。
 持ち運びを頻繁に行うゆえに水面の表現に重くて割れたりヒビが入る恐れのあるレジンが使えなかった(と言うより恐れをなした)ので、川の水面の表現には水性のクリアニスの重ね塗りで対処しています。

 これは職場でたまたま使っていたデコパージュの技法を応用したものですが、デコパージュの場合は滑らかでまっ平らな表面にしなければならないのに対し、川の表現に使うならむしろ波のような凸凹があった方がリアルになると思い、わざと凹凸の付くように塗り重ねていました。

 建造中から完成直後にかけてはまさに「ぬめる様な水面」が表現でき、自己満足に浸ったものです(大汗)
SNShouo71IMG_6292.jpg
 ですが年月が重なると当然水面に埃がたまり、水面というよりも古ぼけたキャンバスみたいな状態になります。
 水性ニスなので、軽い汚れなら濡れティッシュで拭いても多少はごまかせますが、年月が経過するとそれにも限界があります。

20201014oku-(3).jpg
 という訳で、今回は水面を拭き掃除した後に改めて水性ニスを重ね塗りしました。
 実はこれができる事がニスを使うメリットであると思います。

 原液のままだと刷毛で広げるときに気泡を生じやすいので多少の水を混ぜて落ち着かせます。刷毛もペンキの様に滑らせるのではなく、波を表現するようにちょん、ちょんとつつく様にニスを乗せてゆくと水面ぽくはなります。

 水底を作ったうえでレジンを流すような本格的な奴のようにはいきませんが、視点を下げて眺めると当初の様なぬめる様な水面が復活してくれました。
 あとは前回十分に表現しきれなかった石垣や川べりの植生の追加を考えます。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"モジュール改修のとっかかり、水面のリニューアル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント