パーミルの自動車修理工場・その2

20201215se (21).jpg
 先日形が出来上がった模型工房パーミルの「自動車修理工場」
 内部のジャッキをはじめ工場内の装備にも意を配ったキットですが、素組みのままだと物足りないのも確かです。
20201215se (9).jpg
 ここは自動車修理工場らしくアクセサリを組み入れたくなります。
と、言うわけで適当なミニカーを配置。特にジャッキアップされた車の存在感は抜群です。
 ミニカー自体はNサイズのミニカーとしては一番パッとしない外見のKATOの MS80クラウンなのですが、それが実に生き生きと見えるのです(ですからカーコレなんかだと更に生き生きするであろうことは必定w)

 人形はこれまたNスケールフィギュアで一番売れ残り率の高いジオコレの「工場の人々」から数体を配置。これがまた「本来居るべき場所を得た」がゆえに実に生き生きして見えました。
20201215se (10).jpg
 そしてわたし的にアクセントとして取り入れたかったのが「工場の外でくつろいでいる犬か猫」
実を言うと近所の自動車修理工場の周りでは何故か野良猫か野良犬がうろついている事が多いのです。なので先日の帰省で入手していたファーラーの「犬・猫」から一匹。

 これらの相乗効果で自動車修理工場は「生きている風景としての佇まい」を如何なく発揮し出したのには驚きました。
なお、キット付属の看板はそれっぽいオリジナルメーカーの物でしたが個人的な趣味で一部差し換えています。
20201225se (2).jpg
 このキットは建物だけ配置しても面白くないのですが、それだけにアクセサリを組み合わせてミニシーンを作りたくさせる魔力を持っていると思います。
20201225se (1).jpg
 こういう良い意味での「物足りなさ」を持っていると言う点で本作はレイアウト用品として実に理想的なアイテムであり、これに「工場背後の線路を通過する列車」が加わる事で「シーナリィのあるレイアウトの魅力とはこう言う事か」と納得させてくれる説得力を持ち得ていると思いました。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"パーミルの自動車修理工場・その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント