とある「路面電車跡の記念碑」を見に行く

 今年最初の平日休。
20210106SE (7).jpg
 昨年は鉄道関連の探訪をする機会がなかなか作れず(何しろ基本自分の縄張りから外には出られない状況でしたから)勢い当ブログも実車関連のネタが書けないでいました。
 今回はたまたま近場にその種の記念碑ができたという事で出かけられたものです。

 かねて行きつけの鉄道カフェの御店主から「最近とある鉄道記念碑が落成した」と言うお話を伺っていたので、時間も適当だったのをさいわい、甲府まで車を走らせました。

 甲府には昭和37年までボロ電と呼称される路面電車が走っていた時期があったのですがそれに関連した施設らしいです。
20210106SE (5).jpg
 市街地を走る事しばし。
 かつて電車の車庫があったとされる場所にそれを見つけました。
20210106SE (11).jpg20210106SE (10).jpg
 かつての路面電車の遺構を記念し、駅名標と線路(一部併用軌道の石畳も再現)を配置した記念碑。
 肝心の車両なり車輪なりでもあればなお良かったのですが「かつてここに線路が通っていた」事を思い出させるよすがにはなりそうです。
20210106SE (12).jpg
 訪問時にはたまたま職員と思われる二人づれが植生のチェックにみえられていましたが、電車が現役の頃にはまだ生まれていなさそうな年頃でした。
20210106SE (4).jpg
 それはそれとして、
 この遺構のあった元車庫のあったところには今は家電量販店のビルが周囲を圧していて、当時の雰囲気はまるで感じられません。
 しかも今では線路に並行していた本道よりも軌道線だった道の方が拡幅されて実質的なメインストリートと化しており交通量も半端ありません。

 ここを車で通っても「ここがかつて電車道だった」のをイメージできるドライバーはほとんどいないのではないでしょうか。
 そう言う意味では時代の変化と儚さを感じさせる探訪でした。
1289936965.jpg1289936989.jpg
 因みにここを走っていた電車の1両は後に上田電鉄経由で江ノ電に渡り比較的近年まで使われてから、里帰りして今回の記念碑から十数キロ離れた公園に保存されています。
 とはいえ江ノ電の仕様に改造された後ですので当時の車両とは聊か印象が異なりますが。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"とある「路面電車跡の記念碑」を見に行く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント