ワールド工芸流改C55の動力に手こずる

 昨年11月以来のネタになります。
 前回から大分間が開いてしまいましたがご勘弁を。
20201107se (5).jpg
 11月に入手していたワールド工芸のC55流改タイプを入線させていますが、テンダードライブ部の動力でギアが滑る様なストレスのたまる走りっぷりは相変わらず続いています。
20210119SE2 (1).jpg
 この件に関しては前にそのことを当ブログで取り上げた際に、複数の方からアドバイスを頂いたのですが、ここひと月ばかりそれに従っていろいろと試してみました。
 特に有効に思われたのが何人かからアドバイス頂いた「モータとシャシの間にボール紙などのスペーサーを挟んでモーターの搭載位置を押し下げる」というもので、これまで試していなかった方法だけに期待していました。
20210119SE2 (2).jpg
 さっそく試してみたのですが紙の厚みや大きさを変えながら幾通りか試してみても走りっぷりは変わりません。
 あまり紙片が大きいとモータを前後から支えているパーツにゆがみが生じてモーターマウント自体が狂いますし、小さくて厚みのある紙片を挟み込むと確かにモータが押し下げられている様子ですが、走りっぷりがかわらないのです。
 動力の作動状態を見る限りではモータとウォームギアの間はしっかりかみ合っているようですが、その下の車輪のギアとをつなぐ部分で空転気味になっている様にも見えます。
20210119SE2 (3).jpg
 してみるとどうやら問題はモータとギアというよりもその更に下、ウォームギアと車輪の間のギアの遊びが大きい事で半分空転しているような状態になっているのではないかと思い当たりました。
 
 このユニットでは各パーツがギアと真鍮板パーツの組み合わせで動力ユニットを構成していますがダイカスト製のユニットに比べて各パーツ間の遊びが大きく、その遊びの間隔の調整によって走り具合が変わる構造のようです。そうなると不器用な私の技量で足回りを全分解して調整する(もしくはあきらめる汗)というあまりぞっとしない事になります。

 少々覚悟を決めてかからないといけない様な気がしてきました。

前回アドバイスを下さった皆様には不本意な結果と現状になってしまいましたが、それでもアドバイス頂いた事やお心遣いには感謝しています。もし他に何か有効な方法がある様ならばまたよろしくお願いします。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"ワールド工芸流改C55の動力に手こずる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント