ワールド工芸の動力ユニットのその後・・・

20210204sea (1).jpg
先日来あちらこちらからコメントを頂いているワールド工芸C55の動力のはなしその3です。

前回の記事を挙げた折にoomoriさんから手持ちのワールド動力を提供して頂ける申し出がありまして、自分の技量では既存動力のレストアには限度があると思い、有難くお受けする事にしました。
20210204SE (29).jpg
先日その動力が届き、早速試走してみたのですがユニットの見た目は同じなのに通常の速さでは前の動力とではまるで別物と思えるくらいにスムーズで粘着力もあり、非常にいいコンディションで走ってくれました。

ここでテンダー上屋を合わせてみたところネジ穴も完全に一致。
動力のコンバートも問題なさそうです。
20210204sea (2).jpg
早速動力を交換しエンジン部を繋ぎます。
走行性については他社モデルと遜色ないレベルの走りになり、ワールド工芸のモデルらしい細密感あふれるロッド周りのアクションを十分堪能できました。

今回のC55でワールド工芸の蒸気用動力には初めてまみえたのですが完調の状態の動力であれば十分に使える事を改めて認識した次第です。

oomoriさんには今回ひとかたならぬお世話をいただきありがとうございました。ブログ上でも改めてお礼を言わせて頂きます。

さて、コンバートを済ませた元の動力についてですが、こちらについてもレストアを敢行したのでそれについては次回に。

光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"ワールド工芸の動力ユニットのその後・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント