鉄コレ第30弾の「会津鉄道キハ8500」

 鉄道コレクション30弾の編成から
20210204SE (10).jpg
 今回紹介するのは会津鉄道のキハ8500.
 これまでの鉄コレ離れした様な「垢ぬけた特急車」と言った趣の外見ですがそれもそのはずこの車両のルーツはかつて「北アルプス」号として高山に乗り入れていた名鉄のキハ8500です。

 JR線内ではキハ85系「ワイドビューひだ」を向こうに回して活躍していただけあって見た目からしてデラックス感が半端ありません。
 元々は中間車を挟んだ3連での運用もあったのですが会津へ譲渡の際に中間車をオミットして2連での運用に振り替えられています。
20210204SE (9).jpg
 ですが会津鉄道の管内ではゴーストップの多い低速運用がメインで名鉄時代の様な長距離高速運転での運用が少なかったせいか、一部部品の損耗が激しく比較的早い段階で引退しているそうです。

 さて、モデルですが垢ぬけた印象の前面部や特急型気動車そのままのボディ造形はこれまでの鉄コレを見慣れた身からすればかなり異色なものの、成形色のボディカラーや裾の絞り込みの造形に微妙に雑さを感じるところもあって良くも悪くも鉄コレらしいという印象でした。
20210204SE (8).jpg
 実はこちらも動力化しているのですが「大きな窓から動力ユニットが丸見え」という近鉄18200系と同様の弱点も露呈しています。

 さて、
 実は名鉄時代のキハ8500は既にマイクロエースから製品化されており、こちらは最初から動力内蔵、しかもヘッドライトが点灯するというアドバンスを持ちます。
 ですが、それとは別に赤い電車の企画で「アンレール」という鉄コレみたいなモデルのブランドでも3連編成のモデルが出ており、私もこちらを数年前に中古モデルを購入していました。

 このアンレール、インテリアがない事を除けば鉄コレによく似た構造。
 改めて今回の鉄コレと並べてみると造形がかなりラフなものになっていますが、一方で鉄コレにない中間車が入っている事とデカールや後付けパーツが充実しているという特徴もあります。
20210204SE (7).jpg
 多少ラフでも構わないのであればこちらの仕様を鉄コレ同様にN化できない事もなさそうです。
 (ただ、マイクロの完成品も既に出ている事を考えるとそうまでしてN化するメリットがあるかどうかは微妙ですが)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"鉄コレ第30弾の「会津鉄道キハ8500」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント