TOMIXのED75 0番台初期型「庇なし」

20210214SE (34).jpg
 再びのTOMIXのED75ネタです。
 前回紹介したのは、初期型でもつららきりの付いた「庇付き」の仕様でしたが、同時に初期型後期の庇なしの仕様も同時にリリースされています。

 どちらも私の故郷で見かけたタイプでもあるのですが2タイプ同時発売なんて来られたら2両買えと言われている様なものです(大汗)
20210214SE (35).jpg
 庇付き、庇なしと書いてはいますが、モデルの方はスカート裾の処理やら貫通扉前のステップ形状やら細かい部分の作り分けがされているので全くの同型という訳ではなく並べればそれなりに違いは楽しめます。
 (第一同じ場所に2両いても「クローン臭さ」を感じさせないですし)

 走行性は前回紹介のひさし付きとほぼ同じ。2両を同じ線路上に置いてパワーパックのスロットルを回して走らせても走りの個体差がほとんどなかったのが凄い。惰行やスローもサイズを考えると恐ろしいくらいに効きます。

 KATOと比較すると造形に関しては長短が交錯する出来と感じるモデルですが、走りについてはそれなりに個性の違いは感じられます。
20210214SE (33).jpg
 このED75が牽引するというとオハ47とか10系あたりの客車とか貨物のオムニバス編成というのが最も似合うところですが、これも当のTOMIXから東北本線仕様の客車と貨物列車のセットが出ています。
 特に後者はED75用のナンバープレートやら線路に設置するカーリターダなんてなものまで付いてくる豪華版ですが予算の都合上流石にそこまでは揃えられませんでした。
 ただ、私の学生時代までは地元で見かけた「ED75牽引の旧客列車」というとセットに入っていないオハ47とオハフ61が中心に編成された普通列車でしたし、貨物もKATOの「花輪線貨物セット」をはじめ、これまでに入線させていた貨車でも十分代用できる気がするので、近いうちに試してみようかと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"TOMIXのED75 0番台初期型「庇なし」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント