5月1日なのでD51のはなし(笑)

 世間は GWでもありますし、今回から1週間ほどいつもと違うノリで行こうかと。
 (ただ、例年の例にもれず私個人は2日の日曜日以外すべての祝日が出勤なので「普通の5月第1週」なのですが涙)
 さて、今回は5月1日の語呂で「今日はD51の日」と無理矢理こじつけますw
SNShouo71IMG_8881.jpg
 私が初めてNゲージの模型に触れたのは1975年の関水金属のカタログでしたが、当時20系のブルートレインと並んでリリースされたばかりのD51がNゲージの中でスター扱いだったと記憶しています。

 まあそれも無理からぬ話で、SLブームも佳境のあの時期「デゴイチ」の渾名をもらったD51は一般レベルでも最もよく知られた蒸気機関車でした。
 当時の鉄道ファン以外の人たちには「デゴイチ=蒸気機関車」のイメージが定着しており、9600だろうがC58だろうが「デゴイチ」と思われていたのではないかというくらいの勢いでした。

 ですから当時の関水金属にしてみればD51の模型化はNゲージの普及に弾みをつける為にどうしても必要だったと思われます。
 (そういえば天賞堂がZゲージ最初の機関車としてリリースしたのもD51でした)
SNShouo71IMG_8962.jpg
 C57 135号機が国鉄最後の営業運転を果たしたのがこの翌年ですからギリギリのタイミングではありました。
 そのNゲージ初のD51ですが今見てもKATOの気合いを感じさせる出来のモデルだったと思います。造形ひとつとっても基本的な部分は21世紀になってもあまり色褪せないバランスの良さを感じますし、当初から重連運転を想定してフロントに重連用カプラーを選択可能にする配慮もされていました。

 今でも中古ショップのNゲージコーナーに行けば結構な確率でKATOのD51に当たる位のロングランモデルになっています。
2011-0105-002.jpg
 D51自体は後にマイクロエースやリアルラインなどが複数の仕様をリリースする様になり、KATO自身もファインスケールの全面改良品を各仕様ごとに連綿と出し続けています。
 依然としてD51は鉄道模型の世界でも大スターの地位を占めているという事でしょう。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"5月1日なのでD51のはなし(笑)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント