商品としてのテツドウモケイのレイアウトに思ったこと・その1

 今回は先日紹介した「こち亀」の鉄道模型ネタを読んでいてふと思ったことから書いてみたいと思います。
IMG_3102.jpg
 単行本168巻所収の「最新鉄道模型の巻」ではHO(16番)の完成品レイアウトが29万円で発売された話でした。
 作中で両さんが「レイアウトは全てが手作りで大きさによって手間が2倍、4倍と違ってくる」「どれも一点もので高価だったので鉄道ファンは欲しくても眺めるだけなのだ」と力説するところから始まり、

 「そこでファンの声に応えて大量生産によってコストを下げて30万を切る価格となったおそらく世界初の量産型のHOのレイアウト」が登場となる訳ですw

 原作を見ると作中のレイアウトは単線のエンドレスで側線なし、最急カーブはかなりキツく作中のように16番のDF50といえどもこのカーブをクリアするのは難しそうです。ただ「週刊鉄道模型」を思わせるシーナリィはそこそこ付いていますし雰囲気はなかなか良さそうです。
 まあ、この辺りは「漫画としての誇張」と言う事でそこに突っ込むのは我ながら無粋とは思います(だったら書くなw)
P4263322.jpg
(NRE TrainShop 2006年12・1・2月号14Pより画像引用)
 ですがわたし個人が気になったのは実はそこではありません。
 つまり、量産化で格安になったとはいえ「完成品の出来合いのレイアウトがただ安いと言うだけで売れるだろうか?」と言う疑問です。

 完成品とはいえ「何から何まで同じ風景、同じトラックプランのレイアウトがあちこちのマニアの家に同じ様に鎮座している光景」と言うのがわたしには想像できないのです。

 完成品の出来合いを大枚叩いて買うと言う行為から得られるものとは端的に言って「所有欲の満足」ではないかと思います。
 これは高級車やブランド品とか、高級オーディオなんかにも共通する心理であり、いってみれば「所有することによるステイタス性の誇示」の側面もありうるでしょう。
 その目で見た場合、市販品の出来合いのレイアウトにそこまでのステイタス性を感じさせるものがあるのかというのがまず最初に出てくる疑問だったりもします。
P7014020.jpg
(NRE TrainShop 2007年1・2・3月号1Pより画像引用)
 更に言えば鉄道模型のレイアウトほど「個人の好みの違いが端的に示される物はない」と言うのもまた確かではないかと思います。
風景の好みひとつとっても都会風ありローカル風あり、近郊風景あり、渓谷や海岸などそれぞれの風景に魅力を感じる人もあるでしょう。さらにトラックプランや走らせる車両の好みを加味するとそれこそニーズは無限大に広がると思います。

 レイアウトを作る趣味にはまり込むと言うのはまさにそうした個人の嗜好を最大限に反映させたいという事であり、そう言う人にとっては最大公約数的なシーナリィの出来合いのレイアウトに魅力を感じるとは到底思えないのです。

 (とはいえ、流石にレイアウトひとつが1万円くらいで買える位ならば自分の好みを押し殺してでも買うかもしれないですが笑)

 その一方で凄腕のモデラーの方が精魂込めて作った一品物のレイアウトやセクションなんかが奥なんかで売りに出る事があったりしますが、これを買うと言うのは上記の出来合い品を買うのとは些か意味が変わってきます。
 これは文字通り工芸品や美術品を買う様な感覚で「作り手が作品に注ぎ込んだ労力やセンスにお金を払っている」訳ですからお値段的に「適正値に近い」取引がされることもありうる訳です。

 しかも「他の誰も持っていない」と言う点でのステイタス性は確かにありますし。
 (或いはレイアウト製作そのものを専門の業者に発注するというのもこれに含まれるかもしれませんが、予算も相当に膨らみそうです)

 ですがわたしなんかがそうである様に「腕が拙くとも自分の狙った風景の中で自分の好みの車両を走らせたい」と言うニーズは存在し続けるでしょうし、趣味のレイアウトの本質の一つはそこにある様に思えてなりません。
 ただ、大概の場合はスペースや予算、何より自分の腕やセンスの問題から大なり小なり妥協を強いられるのも確かなのですが汗

 とは言うものの、だからといって出来合いレイアウトのニーズが今後もないのかと言うとそうも思えない気がしているのも確かです。
 その理由は「レンタルレイアウトの普及」「イベントとしての鉄道模型」の発達の二点によるのですが、それについては次の機会にでも書いてみたいと思います。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"商品としてのテツドウモケイのレイアウトに思ったこと・その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント