JTB時刻表とテツドウモケイ

 先日、久しぶりに行きつけの書店に出かけた時のこと
 (近所の書店が閉店してからというもの、本屋に行く事自体が大仕事になってしまい全く困ります)

 お目当ての本を購入し、ふと周りを見回すと
 JTBの時刻表の表紙が目に入りました。
 何しろそのタイトルが「はじめての鉄道模型」ときていますw

 最初、表紙のレイアウトの写真が随分リアルに見えたので屋外で撮影したのかと思いましたが、トミックスショールーム東京で撮影された物らしいです。
20210615SE (2).jpg
 わたしが時刻表を買うときというのはこれまでは年末の帰省時期というのが通り相場で、しかも検索ソフトが出てからというものそれすらご無沙汰していました。
 ですが今回は特集が特集ですし、そろそろ最新版を買ってもいいかなと思って財布を開きました。

 そのお目当ての「はじめての鉄道模型」は4Pほどのボリューム。

 「最近、家でも鉄道気分に浸りたいという思いから、鉄道模型に興味を持つ人が増えてきた。中でも「Nゲージ」は車種が多く、気軽に始められることから多くのファンに親しまれている」という書き出しから、Nゲージの二大ブランドの TOMIXとKATOを中心に鉄道模型の基礎をまとめた内容。
IMG_2489.jpg
 トミックスショールーム東京とホビーセンターKATOを紹介しているのは「ビギナーも直接行ってみたくさせる」構成。あと1Pがロマンスカーミュージアムと御徒町のシュッシュポポンを紹介している辺り旅行誌としての性格を持つ時刻表ならではという印象でした。
 とはいえ「鉄道模型に時刻表は役立つ?」の項目があったのには少々苦笑(この辺は読む側の嗜好によって解釈が異なると思いますので是非実際に読んでみる事をお勧めしますが)
IMG_5213~photo.jpg
 専門誌を読む様なファンが見たら当たり前の内容(「レールに流れる電気で走るためモーターが内蔵されており電池は不要」なんてキャプションが付いているくらいですから)でもあるのでこれだけを目当てに買うならコスパは最悪なのですが、わたしの場合は上述の様に「久しぶりに時刻表を買ってみるか」というノリもありましたので気にはしませんでした。

 むしろこの機会に久しぶりによむ時刻表の楽しかったこと!
 そっちの印象も強烈だったのでこれについては次の機会に。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"JTB時刻表とテツドウモケイ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント