「テツモシンドローム」とGMの「車上駅」のはなし

偶然というのは恐ろしいものです。
20210618SE (1).jpg
昨日WEBのテツドウモケイ漫画「TEZMO SYNDOROME(テツモ シンドローム)」を当ブログで取り上げたと思ったら、その日(18日)のうちに新作がアップされるとは!

第一・二回がTOMIXの113系、第三回がKATOのキハ20と来ていたので次回は何が来るのかと思っていたら、意表をついてストラクチャーネタの「GMの車上駅」が取り上げられたのには驚きました。
確かにあのキットは中型駅と並んで初期のNゲージストラクチャーの「偉大なる凡庸」のひとつだった傑作モデルと思いますが、これを取り上げるとは作者の慧眼恐るべしです。

ところで早速スマホで本作を読みふけっているうち「そういえば私もこのキットをレイアウトに使っていたな」と思い出しました。
なのでマンガに便乗してGM車上駅キットの思い出でも書いてみようかと。

GMが中型駅に続いてバリエーションとして製品化した「車上駅」は駅ビルに跨線橋を合体させて階上から地上のホームに渡らせるという特異な構造のモデルです。

 私自身はこういうタイプの駅の実物にお目に掛かった事が無い(そういうのは大概「橋上駅」の形式になりますし)のですが、駅のバリエーションとしては面白い上にどこかの地方私鉄ターミナルなんかにありそうな構造にはとても惹かれるものがあります。

 あと、恐らくですが背面の跨線橋接続部を少しいじれば対向式ホームの高架駅にも使えるでしょう。

 ですがこのキットの場合はそれ以上にビルの壁面デザインのナチュラルさが魅力でした。実際に地方のデパートか雑居ビルにありそうな「普通感」のあるデザインに「これは作ってみたい!」と思わせる魅力を感じたのは確かです。

 但しそれを実行したのはリリースから30年以上経ってからでしたが(汗)
20210618SE (3).jpg20210618SE (2).jpg
 最初のレイアウトを作った時、駅前の「映画館通り」を製作する過程で「駅前のランドマークになる建物が欲しい」と思ったときに白羽の矢を立てたのがこの車上駅のキットでした。

 マンガでも書かれているように、このビルは駅舎としては「地表のホームに行くのにいったん3階まで登らせる回りくどい構造」で、そのために1階部分に中型駅より幾分緩やかな階段が横向きについています。

 実はこれを「2階の映画館に登らせる階段」と見立ててシネコン形式(当時はそんな言葉はありませんでしたが1階と2階に別々の映画館を入居させる形式のビルは地方でも結構ありました)の「映画館メインの雑居ビル」に見立てて改造するのに好適な素材だったのです。
20210618SE (5).jpg20210618SE (4).jpg
 ただ、ランドマークを志向していただけにキット一個では不満で縦に二個切り継いでボリュームを持たせました。
 屋上には目立つ広告塔をどんと載せ、キット付属の「電光掲示板」はコーナー部の目立つところに縦に取り付け。

 更に1,2階だけではまだ賑やかさが足りないとばかりにビルの右サイド(本来なら地下鉄入り口になる)の出入り口を使って「駅前地下の成人映画専門館」まで組付けました(実はこういうのも故郷に実際にあったw)
SNShouo71SNShouo711182536991.jpg
 わたし的に好き勝手やって組み上げたビルですがレイアウトに配置したところ見事に「映画館通りのランドマーク」として機能してくれたのは嬉しかったです。
 (ただ、これが本来の意味での「テツドウモケイの楽しみ方になるのか」については少し考えるところもありますが汗)

 このビルディングは「車上駅」という素材を知っていたからこそやろうという気にさせてくれた物であり、またそんな気にさせてくれる素材をGMがいくつもリリースしてくれたがゆえに実現した物なのは間違いありません。
 こういうキットをリリースしてくれるGMというメーカーには感謝です。

 (・・・なので大分以前から予告されっぱなしの「横配列窓のビルキット」を早急に出して欲しいとこの機会に改めて希望させて頂きます)

光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"「テツモシンドローム」とGMの「車上駅」のはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント