趣味の原点をふりかえる 番外編 中古ショップとテツドウモケイのはなし

 久しぶりに「趣味の原点をふりかえる」ネタ。但し今回は搦め手です。

20210530SE (4).jpg

「ここには現行品から生産終了した中古楽器や機材までまれに値の張る物が激安で売られている事があるのだ!気分は徳川埋蔵金探検隊!」
「ジャンク品を買い取って自分好みに改造するも良し、部品の為に買うもよし、ネタで買うも良し!」「月イチ都内ハードオプ巡りも最高に楽しい・・・」
(まんがタイムきららMAX 2021年6月号 はまじあき作「ぼっち・ざ・ろっく!」9Pより引用)

 上の台詞、「中古楽器」を「鉄道模型」と読み替えても十分に通用することにお気づきでしょうか。

 元ネタは鉄道も模型もあんまり関係ないロックバンドのマンガ(とはいえ同じ雑誌では以前紹介の「初恋れーるとりっぷ」も連載されていますがw)ですがここで書かれていた事はそのまんま「ここ10年くらいのわたしの生態そのまんま」です。笑えるやら慄然とするやら(大汗)

 ですが、この趣味を再開して以来「中古ショップでのモデル漁り」がわたしの鉄道模型歴に大きな影響を与えているのは間違いありません。
 中でもほぼ全国に展開しているハード●フ系の中古屋さんは今では「遠出をするたびに出先のショップを覗きに行く」形で行動原理にすら深く関わっています。
SNShouo71IMG_8564.jpg
 こんなのは鉄道模型の趣味を中断した1980年頃には考えられないことでした。
 あの頃は中古どころか新製品すらまともに並ぶことが稀でしたし、発売時期の遅れは当たり前、そもそも県内で買えないブランドも多かったですから。

 が、趣味の中断時期の 20年ほどの間にその流れは大きく変わりました。
 Nゲージの普及とユーザー層の拡がりに伴う中古市場の確立、(故郷や現住地では御利益は少なかったですが)鉄道模型も扱うホビー量販店の拡大、秋葉原や中野に代表される「オタクモール」の登場と勃興。
 その何れもが以前は考えられなかった「Nゲージでも中古モデルが趣味として成立できる」土壌を形作ったといえます。
IMG_6947.JPG
 現にわたしがこの趣味を再開したきっかけが「地元のハードオフで見つけたファーラーのストラクチャーキット」でしたから。
 その後趣味の再開の前後からは地元のショップで新製品を買う機会も増えましたが、現在でも新品と中古モデルはわたしのホビーにとっては「車軸の両輪」です。
SNShouo71IMG_0206.jpg
 旅先でのショップ巡りは「予想外の掘り出し物を(その土地の)土産にする」なんていう楽しみを生み出しましたし、走りやコンディションに難のあるモデルについてはレストアや改造に供する事で従来とは異なる鉄道模型の愉しみを生み出しました。
 (少なくとも中古モデルのレストアなんて鉄道模型の入門書でも扱われたことがありませんでしたし)

 その意味からもこれらの中古ショップの与えてくれたものは(単なる安さとは別の次元で)大きかったと思います。

 まあ、デメリットもそれなりにあるのですが。

「リョウ見て!スピードコブラがこんな値段で・・・!!」
「くくっ・・・これだからやめられんなあ・・・」
「えっ!?うそ!高くて手が出なかったエフェクターがこんなに安く!」
(ここで買えば『マイニューギア』何回もできる・・・)
「ニコイチで直せばオクで3倍は行くぞ!これも値段が変わる前に買いだな」ククク・・・
(上掲書10Pより引用)


・・・製品名に「KATOの○○」「マイクロの××」「天賞堂の○○」を代入するとあら不思議(大汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"趣味の原点をふりかえる 番外編 中古ショップとテツドウモケイのはなし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント