プラムの小湊鉄道キハ200の工作、その4

20210904SE (9).jpg
 先月から断続的に続いてきたプラムの小湊鉄道キハ200の製作も佳境。
 今回は台車の製作です。
20210916SE (15).jpg

 先日書いたように天賞堂のパワートラックで自走化が可能な設計の当キットですが、ダミー台車用のベースとパワトラ用のベースが後から容易に交換可能なことが判明したのでダミー台車も安心して製作できます。
20210916SE (14).jpg
 このキットのふたつある台車、一見して同じDT22タイプのように見えたのですが動力伝達用と動力がない方では微妙に構造が異なる設計になっています。
 (前者はエンジンからのプロペラシャフトと繋がるデフ部分が台車内に表現されている)
 なるほど、台車の部分だけで説明書を2ページも使うはずです。
20210916SE (13).jpg
 と言いますか、今回キットを組むまでキハ200が片側台車駆動だと知りませんでした(大汗)
 なので、単純なキットメイクでも「同じ台車を二つ作る不毛感」は幾分薄められています(笑)

 例によって台車を構成するパーツはかなり細かく、もしこれが半田付けだけで作るキットだったら相当に時間がかかったであろうことは必定。このキットはパーツの合いがいい方なので嵌め込みだけでも十分仮組みができるのが有難いです。
20210916SE (10).jpg
 出来上がった台車は実車でも工場の定期整備の時でもなければ見ないような細密感。甲府モデルの車両整備工場なんかに置いてもいいアクセントになりそうです。
20210916SE (11).jpg
 ダミー用とパワートラック用で台車取り付けベースのパーツが異なる事は前述しましたが、各パーツは四方の爪で台枠にはめ込む仕様。
 これを4つとも嵌め込むとかなり丈夫にはなりますが、今回は将来の自走化に備える事もあってエンジン側の爪を一つ残して残りの3つをカットしてしまいました。
 これでも形態は保てますし、後からパワトラを入れるときの交換は容易になります。


光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"プラムの小湊鉄道キハ200の工作、その4" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント