TOMIXの初代EF64 0番台

20210918SE (5).jpg
 今年に入りEF64の0番台が新車・中古を問わずに立て続けに入線していますが、先日紹介したマイクロ仕様に続き今回はTOMIX仕様のEF64を紹介したいと思います。

 TOMIXからEF64の0番台が出たのは1981年だそうです。おそらく0番台としては最初に出たNゲージモデルではないでしょうか。

 ナンバーは今の様なはめ込み式ではなく「何両買っても55号機ばかり」(とはいえ当時の機関車モデルはみんなそんなものでした)前面の青とアイボリーは塗り分けでなくアイボリーの別パーツを組み合わせるという奇策を使い塗分け線のシャープさを出していました。
 ですから茶色塗装では不自然な筋が出てしまうのは同じTOMIXのEF62と同様です(笑)

 (なお、同じモデルでも後期型はナンバーが選択式に改良されているそうです)
20210904SE (12).jpg
 ですが、それ以上に目立つのが前面ガラスこそはめ込み式になっているものの、ワイパーやHゴム類のモールドがされていたのに色刺しがされていなかったため「サングラスみたいなあっさり目の前面」になっている事です。

 動力ユニットも運転席までいっぱいに詰まっている上にユニット本体も黒く塗られているので「サングラス」という印象に拍車がかかっています。
 屋根上に目をやるとこれまたすべてが一体成型で避雷器も真っ青。パンタの質感だけはマイクロより多少良いかなと思わせるレベルです。

20210918SE (6).jpg
 そんな訳で前に紹介したマイクロの0番台に比べると細密感では劣る印象ではあります。ですが、この64はマイクロより少なくとも20年近く前にリリースされたモデルであり、メーカー間というよりも設計年次の差が大きく出ているのではないかという気がします。

 それに実際試走させてみると走りのスムーズさはマイクロよりも上。
 40年前のモデルである事を勘案しても水準以上の走りを見せてくれたのには正直驚きました。

 細密感では劣るにしても全体のプロポーションはいいですし、列車を牽かせてガンガン走らせるという鉄道模型らしい用途には十分に応えてくれるモデルと思います。
 実際、そういう使い方をしたくさせる64でした。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


"TOMIXの初代EF64 0番台" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント