特撮テレビ映画とテツドウモケイ

 今回は鉄道模型ネタとしては搦め手といいますか、少々ヘンな話です(汗)
 なのでそのつもりでご笑覧ください。

 最近、CSで1968年放映の「ジャイアントロボ」の再放映があり懐かしさにかまけて毎度視聴しています。
DSCN4157.jpg
 その中に怪獣が湖畔の線路で重要人物を乗っていた列車ごと飲み込んでしまう話があったのですが・・・
 「なんですか?コレ!」
DSCN4158.jpg
 飲み込まれる列車のミニチュアというのがフリーのBタイブ電機の牽引する「湘南カラーのクハ165&サロ165」と言う謎の3両編成!
 (それでいて本編の車内描写は個室A寝台だったりするのですがw)
 本作は予算の不足からミニチュアなども可能な限りプラモやオモチャを活用する方針で臨んだそうですが、このミニチュアも恐らくは市販の16番モデルを線路ごと使ったものでしょうか。

20201013ce (1).jpg20201013cd (11).jpg
 1977年の「小さなスーパーマン ガンバロン」では等身大のヒーローが新幹線をすくうために大活躍する話ですが、救助シーンではガンバロンに呼ばれた巨大メカ「ヒライダー」が列車を丸ごと吊り上げて移動させるという大技を見せてくれます。

 ここで出てくる0系のミニチュアは大きさからみてカツミ辺りの16番モデルではないかと推定されます。


 これも恐らく市販品の改造でしょう。
20211022SE (1).jpg20211022SE (5).jpg
 1971年の「宇宙猿人ゴリ」のある一話では敵の怪人が蒸気機関車の牽引する貨物列車を乗っ取るシークエンスがありますが実車のシーンはC58なのがミニチュアでは幹線級旅客機のC53が使われていたりして。
20211022SE (3).jpg20211022SE (2).jpg
 この回ではヒーローのスペクトルマンが怪獣にタキ3000を投げつけて爆破するシーンもありますがこれもモデルの精密さから見て市販品を塗り替えたものではないでしょうか。

 この様にテレビの特撮では16番(HO)を中心に市販のモデルをミニチュアに代用するパターンが多いと思います。
 ただ、作品によっては「列車と分かれば良いんだ」みたいな考証そっちのけの扱いを受ける事が殆どだったりしますが(涙)

 怪獣物ではなくとも円谷プロの「マイティジャック」(1968年)のある一編では敵組織の秘密基地で空中戦艦からの荷物の積み降ろしシーンにDF50っぽい機関車と無蓋車の編成が登場します。

 他に印象的なのは「アイアンキング」(1972年)の第1話に登場する「ロボットとの比率まるで無視で編成ごと吸引ロボットの掌に吸い込まれる新幹線」とか、「スーパーロボットマッハバロン」(1974年)で敵ロボットに襲われた「EF61電気機関車を電車化したような奇天烈編成」とかがあったりします。
 この様な明らかに市販の模型や玩具をミニチュアに使ったのが丸わかりな撮影は昭和40年代(1966年~1975年)前後の作品に集中している様です。
 中にはティンプートの玩具を無理やり使った物もあったりするのですが、模型を使う場合は明らかに細密感が玩具と異なるのでそれなりに見ごたえがある反面、他のミニチュアとの比率の点で無理のある画面作りの物も多く見受けられます。

 劇場映画の場合だとかなり考証された編成なり車両のモデルが出る事が多いのですが予算や手間の制限の大きいテレビ特撮ではどうしても妥協せざるを得ないところもあるのは確かでしょう。

 それでもたまに劇場映画のラージサイズのミニチュアを流用したケース(東宝、円谷系の作品に多い)もあったりするのでそういうのを見つけるのも面白いですが、ちゃちなのが分かっていても市販品を使ったシークエンスで「あっこれはあのモデルじゃないか?」とかツッコみを入れながら観るという見方もありましょう。

 まあ、これはこれで楽しめないことも無いのですがずいぶんとひねくれた見方である事も確かです(笑)
 流石に最近の作品ではそこまでヘンな描写の物はそうそうないとは思いますが。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


 

"特撮テレビ映画とテツドウモケイ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント